交通事故専門弁護士へ相談!交通事故の損害賠償は天文学的数字

交通事故被害者

交通事故の恐ろしさを考える

日本は車社会と呼ばれるくらい、多くの人が車を使っています。車は便利なものですが、毎日多くの交通事故を引き起こしており、人が亡くなったり怪我をしている現実を受け止めなければなりません。ただ、安全を意識して運転をすれば、事故の数を抑えることが可能です。

そのためには交通ルールを守って無理のない運転をする必要があります。

しかし気をつけていても、交通事故は起こってしまったり、巻き込まれてしまう恐れがあります。交通事故を引き起こした場合、身体に支障が出るだけでなく、金銭面でも大きな負担が生じることになります。

そのため交通事故の被害者になったときは、加害者からの謝罪と損害賠償だけはしっかり貰うことが権利になっています。納得のいく損害賠償の費用を得るためにも、交通事故専門弁護士に相談することも必要です。

交通事故による負担

損害賠償

交通事故の加害者になった場合、被害者から交通事故損害賠償が請求されます。交通事故損害賠償として請求できるものには多岐にわたっており、全てを合わせると天文学的数字で高い費用になってしまいます。

積極損害

交通事故損害賠償の1つは、積極損害と呼ばれるもので、事故によって引き起こされた怪我などを治療するための入院費や通院費などが含まれています。家から病院までに利用するタクシー代や、治療をするための薬などもすべて含まれます。

消極損害

そして2つ目は消極損害と呼ばれるもので、被害者が本来、交通事故によって怪我をしていなければ仕事をして稼げた筈の給料などをさしています。そのため長期の入院が必要になったら、それだけ会社を長く休まなければならないので、消極損害としての費用は高くなってしまいます。

慰謝料

3つ目は慰謝料です。慰謝料は、事故にあったことによって肉体的な苦痛と精神的な苦痛を受けたことに対する補償金額になります。人によっては交通事故が大きなトラウマになってしまうことがありますから、そのときは大きな金額を慰謝料として支払わなければならないことになります。

物損

そして4つ目は、物損です。交通事故によって、車が壊れたりしたら、その修理費用や買い替え費用を支払わなければなりません。これらの4つが、交通事故の被害者から加害者に請求することができる交通事故損害賠償の費用になります。

全てを足すと、天文学的数字で高いと驚くことになりますが、被害者にとってはお金では償えないような痛みを与えることになります。

交通事故弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼をすることで、被害者が交通事故によって与えられた痛みを十分に理解して、それに応じた損害賠償請求をしてくれるからです。

また現実的に、弁護士に依頼をして損害賠償請求をしたほうが、高額な慰謝料を請求できるというケースが多くなっています。加害者になったときは被害者が納得する十分な保証をすることは義務でもありますし、被害者になったときは交通事故によって負った傷をいやすために必要な保証を得る権利があります。泣き寝入りをせずに、納得できる損害賠償金を得る必要があります。