交通事故で怪我をした時の治療の受ける全手順を解説!

交通事故で怪我をした時の治療の受ける全手順を解説!

後遺症に対応するために

交通事故の被害に遭い怪我をした場合、どこの病院を受診すればいいのか、また、治療の受け方が分からないという声も少なくはありません。
そのため何かしらの症状を感じても放置してしまう人もいます。しかし、治療を受けないと後遺症に悩まされることになったり、後日治療を受けるにしても全て自己負担となってしまいます。さらに事故被害に対する慰謝料を請求することもできません。
そうならないために知識を持って適切な治療を受けましょう。

交通事故の時に受診する機関は、医師が診察をしている「病院」です。
まずは病院で医師の診察を受け、事故と怪我の関係性をはっきりさせる必要があります。因果関係があれば医師に診断書を書いてもらって事故治療をはじめることができます。同時に加害者に治療費や慰謝料を請求する権利も生まれます。

怪我によって受診する科目が変わるので確認しておきましょう。
むちうち・捻挫・骨折などの神経や骨の症状がある場合は整形外科、視力低下など目の症状がある場合は眼科、耳が聞こえにくい鼻が利きにくいなどの症状がある場合は耳鼻咽喉科、認知障害などの頭や意識に対する症状がある場合は脳神経外科を受診します。このように、普段病院を選択する時のように怪我の症状に合わせて選べば問題ありません。
科目の選び方が分からない場合はとりあえず近所の診療所を受診しても構いません。症状に合わせて適切な診療所を紹介してくれますし、総合病院の紹介状を書いてもらうこともできます

人身事故に切り替える

警察の事故処理を人身事故へ切り替える必要はありますが、そのまま病院で治療を開始します。治療内容は医師と相談して決めていきましょう。
治療にかかった直接の費用はもちろん、看護費や通院費なども請求できるので領収書は全て保管しておくことが大切です。

治療費は加害者負担なので気にする必要はありませんが、健康保険が効かない高額診療などは保険の支払いを拒否される可能性があり、また、整骨院で施術を受ける費用も認められない可能性があります。
むちうちなど神経症状の治療では慢性期に入ると整骨院治療が有効とされていますが、もし通うのなら病院で治療を受けた後に医師の許可をもらい通院するようにしましょう。ちなみに、自賠責保険では整骨院での施術も認められているため、病院での治療を受けずに整骨院を選んでも自賠責保険からならスムーズな補償を受けることができます
任意保険でも上記の問題がなく、通常の治療の範囲でなら支払い上のトラブルが起きることは滅多にありません。

症状固定に入ってしまったら

ただし、治療から半年が経過すると治療費支払い打ち切りの通告を保険会社から受けることもあります。治療期間が長いことから、これ以上の改善は見込めない症状固定に入っているためという保険会社の判断によるものです。
治療費打ち切りに対抗するには交通事故に強い弁護士に依頼して交渉をしてもらう、または自分で治療費を合立て替えて支払っておくのいずれかになります。立て替えた費用は示談の際に清算されますが、人によっては立て替えであれ自分で払っていくのは難しいという方もいるでしょう。
それによっては後遺障害の認定を受けた方が良いケースもあります。実際にこれ以上の改善が見込めない状態なら治療を続けても無駄なので、保険会社と争うよりも後遺症の認定を貰い、慰謝料を請求したほうが得です。
後遺障害認定を受けるにも医師の診断書が必要なのできちんと医師に相談してみましょう。

いずれにしても事故治療は病院で行いますが、できれば交通事故に理解のある病院を選ぶのがおすすめです。理解が少ないと後遺症認定を受けるのに必要な検査を受けられない、診断書を書いてもらえないなど病院とのトラブルもあるため、余裕があるなら病院を比較してみてください。