弁護士に習う交通事故における示談書の書き方

弁護士に習う交通事故における示談書の書き方

正しい示談書の書き方

交通事故に見舞われてしまった際、迅速な解決を目指すためすぐに相手の保険会社と示談に関する交渉をスタートさせていきます。

話し合いが終わり、示談となった際には示談書を作る事になるのですが、作成する目的を正しく理解していなければ随所で不明点が出てきますし、良い書類を完成させる事も危うくなります。

作成時には注意すべき事柄も複数ありますし、時には相手の保険会社から急かされてしまうケースも報告されているので、焦りにより適切ではない内容で提出してしまい不利益になってしまう恐れもあります。

そこで、頼りになるのは弁護士の存在であると言う事ができ、弁護士に示談書の書き方を直々に指導してもらえば不利益を被る事無く、しっかりとした書類が作り出せます。

そもそも、こうした書類というのは起こった交通事故の詳細や関する損害賠償の額を定めたり、支払い方法について明確にするという意味合いがあります。

事故が起こってしまうと、予想外の損害が多々生じるので、情報が錯綜してしまい手がつけられなくなってしまいます。

具体的には、破損や車両に関する事や、怪我を負ってしまった身体の事と治癒までに要する治療費などが挙げられます。

こうしたシチュエーションの時、損害賠償のお金を得るためには、相手が加入している保険の会社と交渉を開始して過失割合や、詳細な金額について話し合う必要があります。

トラブルを回避する示談書

つまり、示談書の書き方を事前に知っていればわかりますが、あくまでも話をした上で出た結論を纏めていく資料という働きがあるのです。
そのため、初めから紙面を作成するために取り掛かるという位置付けで考えていると、実際に作業した時に違和感を覚えてしまうでしょう。
しかし、中には会話の中で解決に向けて物事が進んでるのにも関わらず、紙にも纏めていく事は二度手間であると考える方は少なくありません。
確かに、二度手間に見えてしまうのは事実ですが、交通事故というのは明らかに一方に過失割合が多くあったとしても、正当化を主張してくることがあります。
時には後から誰かから入れ知恵をされる事により、一度解決した事を蒸し返してくる事態も見受けられます。
そういったトラブルが発生すると、弁護士事務所に訪れて高額な出費をし、解消していかなければならないので、非常に非効率的と言えるでしょう。
正しい示談書の書き方を行う事ができていれば、後から済んだ事案を蒸し返されたとしても毅然として対応できます。