交通事故むち打ち!後遺障害12級について

交通事故むち打ち!後遺障害12級について

むち打ちが12級に認定されるには?

後遺障害はその度合いによって14段階にわけられており、そのうち後遺障害12級は14級の次に認定件数が多くなっています。

12級の後遺障害の認定基準は、眼や口、耳、体幹や骨、指、神経、外貌などそれぞれ14種類の障害にわけられて決められており、その多くが見た目の変形や日常生活に多少の支障が出る機能障害が起きていることから認定されやすくなっているのですが、このうち問題となることが多いのが、首や腰などにむちうち症状が残って、神経症状が出ているようなケースです。

神経症状は見た目から分かる症状ではないため、本人の訴えだけでは認められることがなく、基本的にはレントゲンやMRIなどの画像診断で明確に神経を圧迫する病変が認められる必要があります。

また病変が認められても、それが本当に事故による外傷性の病変であるのかという判断がつかない場合、後遺障害12級と認定されないこともあるのです。
特に事故直後に医療機関で治療を受けていなかったり、精密な画像診断を行っていないような場合、認定の際に問題となってしまうことが多くなっています。

むちうち症状は時間の経過とともに痛みや痺れが起こってくることもあるため、事故直後は大した傷ではない、痛みがないという理由から精密な画像診断の必要はないだろうと考えてしまう方もいるかもしれませんが、あとあと後悔しないためにも事故直後に医療機関できちんとした治療、診断を受けておくことが大切なのです。

最初にそうしたことをしておけば、後から症状が出た時に医師にきちんとした根拠とともに神経症状が外傷性のものであるという後遺障害診断書に記載してもらうことができ、後遺障害12級の認定を受けられるはずです。

むち打ち症の後遺障害12級の慰謝料相場は?

では、後遺障害12級と認定されたらどうなるのかというと、保険会社に後遺障害の慰謝料請求をすることができるようになります。この時の慰謝料相場は93万円から290万円となっています。

慰謝料相場に200万円近い差があることに驚かれる方もいるかもしれませんが、これは被害者が弁護士をたてて請求を行ったか否かによって出てくる差です。
被害者自身が請求手続きを行った場合、自賠責と相手側の任意保険会社の基準によって金額が決められてしまいますので、本来、後遺障害12級で受け取れる額よりも低くなることがほとんどです。

ですので、12級の後遺障害認定を受けた時は、最低でも慰謝料相場の290万円の支払いを受けられるように弁護士をたてるべきといえるのです。