むち打ちと後遺障害14級について

むち打ちと後遺障害14級について

後遺障害14級とは?

交通事故が原因となって後遺障害を生じてしまったときには、自賠責保険、任意保険とも、その後遺障害の部位や程度にみあった慰謝料が被害者に対して支払われることになります。こうした後遺障害については、等級ごとに慰謝料の金額を決めるという制度がとられており、もっとも重度のものを1級として、以後その程度が軽くなるごとに等級の数字が増し、最低のランクが後遺障害14級ということになります。

後遺障害14級は最低のランクであることから、1級などよりもはるかに認定が容易と考えがちですが、単純にそうとも限らず、実際に交通事故の慰謝料をめぐるトラブルになりやすいものといえます。たとえば、後遺障害1級となれば、その認定基準は両下肢をひざ関節以下で失ったり、両上肢をひじ関節以上で失ったりといった状態があてはまりますので、誰の目から見ても、後遺障害があることは明らかで、客観的な基準としてもまちがいようがないものといえます。しかし、後遺障害14級の場合には、後遺障害といえるかどうかがかなり微妙で、医学的、専門的な知見がかかわるものとなってきますので、本人の訴えた症状がそのまま認められないということもあるのです。

後遺障害14級の認定基準

後遺障害14級の具体的な認定基準ですが、頭部であれば、片方の眼のまぶたの一部の欠損、3つ以上の歯の治療、片方の耳の聴力が1メートル以上では小声が理解できない程度といったものが該当します。その他の上半身では、上肢に手のひら大の醜いあとが残る、片方の手の親指以外の指の関節が骨の一部が欠損したり、関節の屈伸ができなくなったものなどが該当します。下半身では、下肢の手のひら大の醜いあと、片方の足の指の機能の一部がなくなったものが該当します。そのほかに、局部的に神経症状が残る状態、いわゆるむち打ち症が該当しています。

身体的な欠損であれば、いくらでも見極めができますが、特にトラブルになりやすいのがむち打ち症の項目で、首や肩の痛み、しびれ、めまいや吐き気などといったものは、それが交通事故が原因となるものであったとしても、本人の主観によるところが大きく、なかなか医学的な説明が難しいものなのです。

そのため、症状を治療するためにひんぱんに通院していたこと、症状が継続していること、交通事故のほかに理由がないことなどといった、客観的な裏付けとなる事実を証明できる証拠を積み上げたうえで、場合によっては法律にくわしい弁護士のアドバイスを聞くなどして、認定の手続きをすすめる必要があるといえます。