交通事故の中でも追突事故で多いむち打ち後遺症の治療費

交通事故の中でも追突事故で多いむち打ち後遺症の治療費

後遺症が残ったら?

交通事故でケガをしたり、後遺症が残ってしまったら被害者は相手に対して治療費の損害賠償を請求することができます。
後遺症でよく知られているのは、事故の瞬間の衝撃で骨格や関節が大きく振られたことが原因でいろいろな症状が現れるむち打ちです。そして、特に追突事故の後に高い割合で発症し症状の程度も重症化する傾向があると言われています。このことは、後方からの衝突ではスピードにはあまり関係なく衝撃が大きいことを示していると言えます。
交通事故の被害者は、事故の和解策について相手方と話し合いをします。この話合いが示談交渉です。示談交渉では、治療費をはじめとした賠償金の額や内訳などについて話し合いをします。
示談交渉は事故の当事者間の話し合いの場なのですが、実際には相手方の保険会社と被害者での交渉です。というのは、ほとんどの任意自動車保険には交通事故の加害者になってしまった場合に備えた示談交渉代行のサービスが付加されているためです。このサービスの活用で、加害者は契約している自動車保険の保険会社に味方についてもらう仕組みです。
一方の被害者になってしまった方は、自分の過失割合がゼロで相手に対して賠償責任もないとなると自分の任意保険の示談交渉代行サービスは使えないルールになっています。そのため、自分ひとりで相手方の保険会社と交渉を進めることとなってしまいます。
ここで、相手方の保険会社の立場を考えると保険金の給付という形で加害者が被害者に支払うべき賠償金を代わりに支払う立場です。よって保険会社としては、賠償金の金額は極力抑えたいところと言えます。

示談交渉に進むケース

被害者対相手の保険会社で進める示談交渉では、保険会社からは少なく計算された賠償金を提示されることもあります。保険会社に言われる金額で早期に合意してしまうと、被害者は金額面で大きな損をしてしまうともあり要注意です。
追突事故に後遺症で多いむち打ち症では、長引く腰痛や首の痛みが代表的な症状です。また痛みの他にも、ピリピリした坐骨神経痛やしびれ、さまざまな自律神経失調症が発症するケースもあって深刻です。
整骨院や接骨院の中には、交通事故治療を専門にしている治療院があります。こうした整骨院や接骨院はむち打ちなど後遺症の根本的な改善が得意で、病院の整形外科などから転院される方も多いようです。各種保険を取扱い自動車保険の自賠責保険と任意保険にも対応している整骨院や接骨院ならば、ほとんどのケースで相手の保険で治療費の補償が受けられるので費用面の心配もなく治療に通えます。
治療費について相手方の保険会社と示談交渉を進めるにあたって、保険会社側から整骨院や接骨院での治療費についての支払い打ち切りを言い渡されることがあります。しかし、むち打ち後遺症の根本改善のために必要な治療であれば、被害者の方には正当に相手の保険で補償を受ける権利があります。相手の保険会社から言われる金額ですぐに示談に応じてしまうのは要注意です。
こうしたケースでは、弁護士に相談するのが最善です。弁護士の中には、交通事故問題を専門にしていて示談交渉や損害賠償に強い先生がいます。示談交渉を多く取り扱う弁護士は、被害者となってしまった方の味方の立場で交渉をサポートしたり、あるいは被害者に代わって相手の保険会社との交渉にあたります。
追突事故後のむち打ち後遺症の治療について相手の保険会社から補償の打ち切りを宣告されている場合も、。弁護士に相談すれば正当に補償が受けられるように被害者の立場で交渉してもらえるはずです。追突事故などで発症したむち打ち後遺症で、相手の保険会社から整骨院や接骨院での治療について支払いの打ち切りを宣告されたら、交通事故専門の弁護士のサポートが必須です。