交通事故のむち打ちで慰謝料増額する方法

交通事故のむち打ちで慰謝料増額する方法

整形外科について

交通事故でむち打ちになった場合、まずは整形外科に通う事が必要になります。
この整形外科に通う通院日数によって、通院慰謝料が決まります。
また通院慰謝料の他にも後遺障害が認定されることにより、慰謝料増額が期待できます。
更に慰謝料増額には弁護士を付ける事も重要です。
弁護士を付けない場合は、治療が途中で打ち切りになってしまったり、慰謝料の計算時に一番低い計算式で計算されてしまうので、不利になります。弁護士が居る場合は、弁護士基準での慰謝料計算式になるので、慰謝料増額が可能になります。更に後遺障害にも弁護士が居る場合は有利に働きます。
次にむち打ちの場合は、神経の異常が確認できないと後遺障害の認定に不利に働く可能性があります
そこで重要になるのが、通院日数です。通院日数が多ければ多い程、痛みが強いと判断される傾向が多い為です。
上限はありますが、基本的に通院日数が増えれば増えるほど、慰謝料増額が期待できるので、むち打ちで痛みが強い場合は、積極的に整形外科に通う様に致しましょう。

注意点

ここで注意が必要なのは、接骨院に通うと慰謝料増額に繋がらない点です。また接骨院だと後遺障害の診断書も書いて頂く事が出来ないので、整形外科に通う事が必要になります。
後遺障害の認定の目安として、半年間の通院が必要になりますので、半年間は通院する様に致しましょう。
もちろん痛みがある事が前提なので、途中で治れば、そこで弁護士と相談の上、示談交渉をしても良いでしょう。
むち打ちでリハビリに通っても痛みが治まらない場合は、硬膜外注射等も視野に入れましょう。
後遺障害の認定にはどこまで治療を行ったのかという事も重要になりますので、できる治療は全て行う方が有利に働き、慰謝料増額に期待できます。
その為、病院の先生にはきちんと症状を伝える事が大切です。小さな事や少し気になる事でも全て包み隠さずに伝えましょう。特にむち打ちは目に見える症状ではない事が多い為、自覚症状だけの事も多々あります
自覚症状は本人にしかわからない為、きちんと伝えないと先生も理解してくれません。
リハビリと診察を繰り返し行い、適切な治療を受ける様に致しましょう。
交通事故は突然に起きて、混乱する事も多いですが、きちんと手順を踏んで対応する事により、慰謝料をもらわないと後々、損をしてしまうのは、自分自身になってしまいます。

たかがむち打ちとは思ないこと

単にむち打ちだからほっておいても治るだろうと安易に考えずに必ず当日もしくは翌日には整形外科の受診を致しましょう。そこでレントゲンの撮影とMRIの撮影は必ず行ってください。
レントゲンで異常がなくても神経に異常がある場合はMRIでないとわかりません
MRIの設備がない場合は、近くの大きな病院を受診するため、紹介状を書いてもらいましょう。
もしMRIの撮影をせずに時間が経ってからヘルニア等が発覚した場合、事故との因果関係が証明できず、慰謝料に反映されない可能性があるので、大げさだと考えずにできる事は必ずしておきましょう。
交通事故はほとんどの方が初めて遭うので、混乱してしまいますが、落ち着いて都度、弁護士に相談しながら対応するとよりよい結果が生まれるはずです。弁護士は交通事故を専門にしている方が良いでしょう。
今後の手順を教えて頂く事ができるのと、相手の加入している保険会社の担当者とやりとりをしてくれるので、負担を減らす事が可能です。交通事故で通院するだけでも労力がかかるのに保険会社の担当者とのやりとりも含めると更に気が重くなってしまいがちです。弁護士に任せると慰謝料の増額だけはなく、労力も減らす事が可能なので、自分自身の為にも是非弁護士への依頼を検討して下さい。