交通事故とむち打ちの治療期間

交通事故とむち打ちの治療期間

交通事故に遭ったら、すぐ病院へ

交通事故に遭った時、何よりもまず気をつけなければならないのは怪我と後遺症です。大きな外傷がある場合は言うまでもありませんが、目立った傷がなかったり、軽い衝突程度で何の痛みを感じない事故であったりしても、必ず病院で受診しなければなりません。外傷がない場合の交通事故で一番怖いのはむちうちです。

むちうちでは痛みが出てくるまでに時間がかかることもあり、放置すると慢性的な痛みがなくならなかったり、重度の後遺症が残ることもあるのです。交通事故によるむちうちの治療は、自賠責保険や任意保険を利用することにより、無料で行うことができます。治療にかかる期間は症状によってまちまちですが、1回の受診で済むこともあれば長期間通院が必要な場合もあります。いずれにしても事故後に不自由なく健康的な生活を送るためにも、どんなに軽微な事故であっても病院に行くことが重要です。

むち打ち治療期間と慰謝料

むちうちの可能性を考慮して受診することには、もう1つ意味があります。それは慰謝料の問題です。交通事故における慰謝料は事故時に被害者が入院・通院した場合、肉体的・精神的に受けた苦痛を賠償する役割があります。そして通院にかかる慰謝料の場合、怪我の治療期間が大事な要素になります。なぜなら通院にかかる慰謝料は治療にかかった日数、つまり病院に通った日数かけるいくら、という計算方法で算出されるからです。死亡の場合は誰が亡くなったかで変動しますが、まとまった金額で一律に決まりますし、万が一後遺症が残った場合は症状の程度によって区分される等級で決まります。

仮にあなたが交通事故の被害者で、軽度な事故だからといって通院しなかったとします。ずっと後になって体のどこかに痛みを感じ、結果それが事故による影響だと思われたとしても事故後すぐに病院に行っていなければそれを証明するのが難しく、加害者に賠償請求するのは難しくなってしまいます。後遺症の場合も同様で、最初は通院していても痛みを感じなくなったからといって、医者からの完治という言葉を聞くまでは受診をやめてはいけません。後で後遺症が出たとしても上記の通り、事故の影響と証明し難くなって適切な慰謝料を受け取れない可能性があります。

むちうちは一生残る後遺症を起こす危険もある非常に怖い怪我なのです。上記の通り賠償についても治療期間によって受け取れる金額に多大な影響を及ぼす可能性があります。事故後問題なく日常生活に戻るためには、どんな事故でもまず病院に行くということを忘れないようにしましょう。