交通事故直後の対応で重要なこと

交通事故直後の対応で重要なこと

交通事故直後が重要

交通事故に遭ってしまった際に、被害者の方の場合には、かなりの精神的なトラウマなどを抱えることもあります。
特に、仲間うちで交通事故に遭ってしまった場合には、同じ被害に遭ってしまったということで、まだ、慰め合いなども出来ますが、一方で、一人だけで運転をしていた際などに、誰とも連絡が出来ない、このような状況で被害者となってしまった場合には、かなりの心細さなどがある、とされています。

それでは、このような交通事故の、被害者請求の内容に関してですが、まず、被害者の方の場合、例えば大規模な事故に巻き込まれてしまった場合などには、救急車が駆けつけてくれます。

これは、加害者の方が連絡をしてくれるか、または他の被害者の方が連絡をしてくれるか、またはそれとも他の見ていた方々が連絡をしてくれるケースなど、いろいろですが、そこから、病院に救急車で運び込まれ、まず、交通事故による後遺症などの心配がないかどうか、レントゲンなどを撮影する形になります。

このレントゲンなどの撮影に関しては、当然ですが、加害者の方の保険会社さんなどの負担となります。

そして、一通り、問題がない、ということがおおよそ分かった段階で、遠方などで交通事故などに遭われてしまった場合には、その地域の交通に関する部署などを担当している警察関連の方々に、「申し立てなどを行いますか」と言った内容などを確認されます。

この際に、特に問題がない、加害者の方を訴える気持ちなどがない、という際には、「申し立てなどは行いません」というような内容を応えます。

加害者の情報をしっかりと抑えておく

また、この際に、被害者として、何か疑問点などがあった場合などには、ここで質問などをしてもかまわないことになっています。

同時に、被害に遭われた方は、「ご自身のお名前、勤め先、住所、電話番号、生年月日」などを質問されると同時に、身分証明書の提示を求められることがあります。と同時に、加害者側の情報をもらうこともあれば、加害者側の保険担当者が出てきて、被害者に謝罪をすることになります。

加害者が直接、被害者に謝罪をすることもあります。

これは、記録に残しておくためではないか、ということと、事故に遭われた方の詳細な記載などが、後々になって必要になってくるため、とされています。

また、警察の方を通してか、後日、加害者の方からの保険会社から、お詫びの電話と手紙、これらが送られてくるため、それらに被害者側から、慰謝料の請求を行い、振込先の口座などを記載します。

特に恨みなどがなく、相手に酷い過失などがない、と思われる場合などには、多くの方の場合には、特に問題がなければ、あとは第三者である保険会社や警察との話し合い、書面などを通して、被害金額などを保険会社などが警察から提出されたものを算出し、被害者の方にお支払する形、となっています。