自転車との事故は交通事故の案件が得意な弁護士に依頼を

自転車との事故は交通事故の案件が得意な弁護士に依頼を

近年増えているのが自転車との事故であり、かなりもめる案件でもあります。これは自転車側に問題があり、自賠責保険に入っていないことや自転車事故に関する保険にも加入していないことから、被害者自らが示談交渉のテーブルに座ることになります。しかし、当事者であるため感情的な争いになりやすく、自動車同士の交通事故よりもかなり長期化するだけでなく、もめやすくなるのが実情です。こうした時に弁護士に入ってもらうことで、自転車との事故を起こしてしまったとしても安心して任すことができるだけでなく、双方が納得する形で交通事故を処理していくことが可能になります。

自転車事故は賠償額が高騰しやすい

まず自転車との事故で気をつけたいのは賠償額が高騰しやすい点です。しかも自転車に乗る人は学生が多く、万が一亡くなってしまえばそれなりの賠償額になってしまいます。こちら側がちゃんと保険に入っていればいいですが、ちゃんとした保険に入っていなければ実費で支払う部分が出てきて大変なことになりがちです。それを左右するのが過失割合です。信号のあるところでは自転車が青信号で、自動車側が赤信号ならば当然自動車側が全て悪くなりますが、状況によっては自転車側にもある程度の過失割合があり、そこで賠償額を減らしていくことができます。そのために弁護士が必要です。

交差点であれば、自転車側の信号がどうだったかでかなり変わります。自転車が赤信号で自動車が青信号の場合は自転車側にかなりの責任が出てきます。近年の自転車との事故で多いのは、自転車が交通ルールを守っておらず、かなりのマナー違反を犯している現状が関係しており、ドライバーはその中で神経を尖らせています。そんな時に交差点で交通事故になれば、下手をすれば自動車側がかなりの責任を負わされる可能性があります。その時に弁護士がすぐに入って状況の確認をしていけば、過度な慰謝料を払わされるような事態を回避することが可能です。

自転車事故は過失割合で大きく変動する

また自転車側の信号が黄色だった場合、過失割合は状況によって大きく変わります。例えば、自動車側が赤信号だった場合にはかなりの過失割合がかかってきますが、自転車側が黄信号で侵入し赤信号で衝突した場合には、自動車側が青信号だとほぼ半々程度の過失割合になります。若干自動車側に責任がある形になりますが、同じ黄信号での進入でも全く違うことがわかります。これが信号のない交差点となると、また大きく変わるだけでなく、基本的に自動車側の責任が少ないケースはあまりありません。よくて過失割合が半々程度であるため、こうした場合でも弁護士の存在が重要です。

過失割合が1割でも違うだけで、実際に支払うべき費用は大きく変わります。こうしたことは示談交渉の中で行いますが、交通事故の案件が得意な人に任せれば有利に持っていくことは可能です。相手がしっかりと保険に入っていれば話は別ですが、そうでない場合にはかなり揉めるだけでなく、相手も弁護士を雇ってくる可能性はあります。お互いに同じ立場で交渉を続け、折り合いをつけていくことで1日も早い解決が見込めます。それと同時に、自転車との事故に備えてドライブレコーダーをつけるなどの対策を立てておくことが求められます。

自転車の方が立場が弱いため、全ての責任をかぶせられるような印象がありますが、自転車も車両の1つであり負うべき責任は同じようなものです。特に自動車免許を持たずに自転車に乗っている人は交通法規を無視した走行を行い、事故を起こしがちです。交通事故を起こした以上、自動車側はしっかりとした対応をしないといけませんが、負うべき責任をはっきりさせてそれを全うすることが重要であり、弁護士に任せることが必要です。”