自動車での車同士の事故の過失割合について

自動車での車同士の事故の過失割合について

自動車を運転する人にとって、事故のリスクは誰にでも付きまとうものです。特に、車と車の事故の場合、それぞれの言い分が違ったりしますと、解決するまでに時間を要しますので、精神的にもつらいものです。事故を起こさないようにするため、様々な状況で起こる事故の過失割合を知っておくと、運転の際に、謙虚さを持って運転できることでしょう。

交差点事故の過失割合は信号機の色が重要

ここでは、いくつかの直進車の事故のパターンを取り上げ、その過失割合や考え方のエッセンスを、道路交通法にある記載も交えて、お伝えします。

まず、信号機のある交差点での直進車同士の事故ですが、信号機のある交差点では、当然のことながら信号に従う必要がありますので、青で侵入した車に過失はありません。赤信号で侵入した車が、100%過失があると判断されます。ですが、信号の変わり目に起きた事故ですと、過失割合が変化する場合があります。

次に、信号機のない交差点(十字路)で、特段、一時停止などの標識がなく、同程度の幅の道路、同程度のスピードでの直進車同士の衝突の場合です。この場合、道路交通法では左側の車を優先することが決められています。ですので、左側の車の過失割合が10%ほど少なくなり、右側の車が60%、左側の車が40%となります。

次に、信号機のない交差点での一方通行違反の車との直進車同士の事故です。こちらは、一方通行違反をした車の過失が大きいと判断されますが、一方通行無違反の車も、交差点を通行する際の徐行や安全確認の義務があるとされているため、基本的な割合は、違反者が80%、無違反者が20%となります。

次に、信号機のない交差点で、一方が明らかに広い道路での直進車同士の事故です。この、「明らかに広い」とは、広い方の道路が、狭い方の道路の2倍以上ある道路になります。広い方の道路を通行している車の方が優先度が高くなりますが、交差点を通行する際の徐行や安全確認の義務がありますので、狭い道路側が70%、広い道路側が30%となります。

次に、信号機のない交差点で、一方に一時停止の規制がある場合の直進車同士の事故です。一時停止がある場合、車は、停止線の直前で一時停止しなければならず、さらに、交差する道路を走行する車両等の進行を妨げてはいけないことになっていますので、過失が大きくなりますが、一時停止規制がない側も、交差道路を通行する車両に対する注意義務があるため、一時停止規制がある側が80%、一時停止規制がない側が20%となります。

このように車同士の事故の過失割合に対する考え方を理解して、安全運転に取り組みたいものです。