交通事故で過失割合を決めなければいけない理由

交通事故で過失割合を決めなければいけない理由

交通事故は、できる限り遭遇したくないものです。しかし、どれだけ自分が交通ルールや安全に気を付けていても、巻き込まれる形で事故の被害にあってしまうことはありえない、とは言い切れません。ですので、事故後の対応、流れについて知っておくことは重要なことだと言えるでしょう。
さて、その交通事故後の対応でよく使われる言葉に、過失割合というものがあります。では、これはいったいどんなもので、どうして事故が起きた場合にはこの過失割合を決めないといけないのでしょうか。

過失割合とは?

まず過失割合とは、交通事故に対して事故の当事者同士の責任の割合を表すものです。これは当事者同士で足して10割となるように決められます。例えば、7割と3割、8割と2割、などです。そして、この割合に沿って事故による損害に対しての賠償金が決められるのです。この割合が高いほど、事故に対してより大きな過失をしているというわけになります。なので、一部の対物事故を除いた、相手がいる事故に対してはかならずこの割合が決められるのです。

そしてこの割合は、あまり0割、10割と言った完全に加害者側が全てを負担するといったものにはならないことが多くなります。例えば車に歩行者がぶつけられた場合などでも、きちんと安全を確認していたかなどが問われたりもするからです。そして、多少なりとも被害者側に過失割合が認められた場合、その分賠償金は減額されることになります。これは割合なので、被害が大きい、つまりもともとの賠償金の額が大きくなればなるほど金額的な影響が大きくなると言えます。

警察が過失割合を決める?

ただ、この割合は警察など第三者が決めるわけではありません。基本的には、事故の当事者同士、多くはその代理人としての保険会社同士で決められるものとなります。もちろん保険会社はできるだけ保険金を払いたくないと思うのは当然ですから、そこには駆け引きが存在します。つまり、交通事故の当事者にとって納得のいかない割合となってしまう場合もあるのです。

では、どうしても割合に納得がいかないという場合にはどうしたら良いのでしょうか。そんな時は、弁護士に依頼するのがおすすめです。特に交通事故の示談に強い弁護士に相談すれば、過失割合が適正かどうか過去の判例などに基いて教えてくれますし、保険会社の真意を探って方針を変更するよう働きかけてくれる場合もあります。もちろん、手続きなども代行してもらえます。事故の強い味方になってくれるというわけです。